Skip to content

社労士になるには難関と呼ばれる試験に合格する必要がある

最近は会社勤めではなく自分で独立したいと考える人が増えている。
自分で独立開業するにあたって役立つのが資格だが、その中でも士業と呼ばれる資格の取得は高い人気を誇っている。

士業といってもその種類は様々で、弁護士や税理士といったものからあまり一般的には知られていないものまで多くの種類が存在している。
その中でも最近注目されている資格の一つが社労士である。

正確には社会保険労務士と呼ばれる資格だが、略して社労士や労務士と呼ばれることも少なくない。ちなみに、「社労士 東京」で調べてみて欲しい。都内だけでも多くの社労士が開業していることに気付くであろう。

企業を運営していく際の労務関係や保険関係の相談に乗ったり書類を作成するのが仕事であり、年に一回8月の第4日曜日に行われる試験に合格しなければなることは出来ない。
この試験は士業の中でも難関とされる試験の一つであり、税理士のような科目合格といったものは無いので労務管理及び社会保険に関する幅広い知識を求められる。

その為、毎年の合格率も10%以下であることが多く10人に1人といった狭き門としても知られている。

Published in会社

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です