Skip to content

狭小住宅の土地購入費用

狭小住宅の土地購入費用

狭小住宅は「費用を安く抑えることができる」ということで人気の高い住宅ですが、より正確に言うと「住宅のための土地費用を安く抑えることができる」ということです。
逆に言うと、土地費用以外の面では狭小住宅が格別に安くなるわけではなく、むしろある面では一般住宅より高くつくものもあるのです。

まず建築費用ですが、同じ業者に同じ建物を依頼するとすれば、別に東京だろうと地方であろうと、そこに違いはありません。
しかし狭小住宅の場合、きちんと建築家に依頼しなければ、狭い土地を有効活用して快適な住まいを作ることは非常に難しいため、ある程度熟練した建築家への支払い分だけ建築費が高くなります。

こう考えると、狭小住宅に費用的なメリットが無いように感じるかもしれませんが、先に述べた「土地代が安い」というのは何よりも大きな費用的メリットです。
例えば東京都内に住宅を購入する場合を考えてみましょう。

現在、東京の土地代は全国第一位。
23区それぞれに価格にばらつきはありますが、平均すると73万円/㎡、坪単価では240万円/坪以上だそうです。

もし東京に30坪の土地を購入するとなると7200万円かかるということになりますね。
ところが狭小住宅では15坪の土地でも家を建てることができますから、掛かる費用は半分の3600万円で済むという計算になります。
3600万円が節約できるのであれば、前述の建築家への費用を支払ったとしてもかなりの節約をしたことになるわけです。

Published in建物

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です